平成30年11月13日(火)、ミライザ大阪城にて「吹田商工会議所青年部平成30年度臨時総会・11月例会」が開催いたしました。ミライザ大阪城は大阪城公園内の歴史的建造物であり、旧第四師団司令部庁舎として天守閣と同時期に建設され使用された後に大阪市立博物館として親しまれてきました。そして昨年に商業施設へとリニューアルされ、多くの観光客の憩いの場として新たに親しまれている注目のスポットです。

美しくライトアップされた大阪城を背景に開催された臨時総会において、次年度の役員が承認されました。次年度の吹田YEGは会長予定者である堀田裕二君をはじめとする役員メンバーを中心に運営してまいります。

また、稲葉英基副会長から、来年当会が30周年を迎えるにあたり、中長期ビジョン案が報告されました。今までの事業の振り返りと、災害に対しての危機管理を改めて再認識すること、それを踏まえて30周年を迎える当会の中長期ビジョンをメンバー1人1人確認することができました。

続いて11月例会に移りました。

11月例会では入会式が行われ、3名の新たな仲間が加わりました。

続いて懇親会へ。

那須委員長から、事業の告知が行われ、その後一年間の同好会活動報告が行われました。

 

次年度役員候補者の紹介では、大阪城にちなんで戦国武将の装衣で登場し、次年度に向けての意気込みを感じられるような迫力がありました。

そしてアトラクションでは周年前クイズが行われました。当会の歴史を学びながらクイズに挑戦し、30年前にちなんだ豪華優勝賞品を各テーブルで競い合いました。

新役員も決まり、いよいよ30周年という節目の年に向けてのカウントダウンが始まりました。今年度も残り4か月となりましたが、まだまだ事業は残っております。残りの事業も全力で取り組み、三つの「わ」をより強くして30周年を迎えましょう!