2019年2月15日(土)、「競艇事業からみるまちづくりの今後の展開と可能性」と題して、箕面YEG主管のもと、2019年度北地区合同例会が住之江競艇場のVIPルームにて行われました。
今回はオブザーバーとして、茨木商工会議所青年部の有志のメンバーの方にもご参加頂きました。

箕面市の競艇事業局の山岸様から、大阪府内の各市の住之江競艇との関わり方や、収益金の一部が公共施設等の財源となっている事などを学び、その他運営側から見た裏話や日々の苦労などを面白おかしくお話頂きました。残念ながら、新型コロナウィルスの影響で、予定されていたボート発着場やレースに使用されるプロペラの整備の見学は出来ませんでしたが、その後チームに分かれてのボードレースの予想などでメンバー同士和気あいあいと楽しむことが出来ました。

終了後は西梅田に移動して、西梅田ハートンホテルにて大懇親会を行い、単会の垣根を越えてお酒の交えての交流を楽しみました。次年度は我が吹田YEGが主幹となります。次年度も、より多くのメンバーが参加して楽しめる事業を期待してます。