吹田YEGは広い視野で、過去にとらわれることなく、新しい発想で活発に青年部活動を展開していきます。

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

平成29年度吹田商工会議所青年部会長方針

『魅』 ~「全力」で「楽しむ」~

 現在、国内では少子高齢化による人口減少が進む中で、地域に目を向けると、吹田市では少しずつではありますが、人口が増える傾向が続いています。それは、住環境や交通アクセス、教育といった地域が元々持っている優位性にプラスして、「市立吹田サッカースタジアム」および「EXPOCITY」の開業、吹田操車場跡地に「健都」の開発が進行中と注目のプロジェクトが街の活性化につながっていることも大きく影響していると思われます。
 
 我々吹田商工会議所青年部(吹田YEG)は、諸先輩方の思いや勇気・情熱を受け継ぎ、また、更なる努力の積み重ねにより、正会員が100名を超え、他の団体が会員確保に頭を抱える中、順調に会員数を伸ばしてまいりました。このことは、諸先輩方の意思を受け継いだ各メンバーがそれぞれの役割を理解し、自分たちが取り組んでいるYEGでの活動に全力で取り組むことによって得られる経験や、メンバー同士が繋がっていくことによって受ける刺激を楽しみとして感じていることが大きく貢献しているのだろうと思います。また、このような勢いのある組織だからこそ、「吹田バル」や「ガンバ大阪吹田ホームタウン化構想」等の地域活性化への取り組みに評価をいただき、地域の商工業の発展に対するさらなる貢献も期待される状況になってきているのだと思います。

 今まで以上に地域への貢献を実現するためには、我々が自身をもっと高め、組織としてのモチベーションを維持向上していかなければなりません。そこで私は、本年度のテーマとして『魅』という文字を掲げさせていただくことと致しました。『魅』という文字は、意味として「魅力」や「魅了」といった肯定的なものや「魅惑」・「魅入る」といった否定的なものもあります。しかし、その言葉の本質は、「人を惹きつける力(存在)」というところにあります。我々青年部を構成するメンバーが、それぞれの分野は違えども、社会人として今までに積み重ねてきた知識と経験を基に、全力で個人の魅力を発信することにより、その集合体である吹田YEGは、地域にとってもメンバーにとっても「人を惹きつける存在」になっていくのではないでしょうか。

本年度は、会員間の交流事業や委員会活動等で、組織としてのモチベーションを高めながら、地域活性事業や公開例会、または新しい形での地域貢献を通じて、『魅』という存在で繋がっている吹田YEGを大いに発信していきたいと思います。また、行政や地域から我々に対する期待が高まってきている状況の下、メンバー同士の創意工夫によって繋がれてきた吹田YEGは、組織内だけでなく、行政や地域にその魅力を発信できる存在となり、実行力や提案力を地域に期待される存在に進化していくはずです。吹田の更なる商工業の発展の為に、我々が果たしていかなければならない役割は大きく、また、吹田YEGには、これまで以上に地域の発展を実現していく力があると私は確信しています。

最後になりますが、吹田YEGは会員が100名を超え一つの転機を迎えようとしています。たくさんの会員を抱えることは大きな力になりますが、反面、一人一人の個は見えにくくなる可能性があります。これからも我々がかかわっていくすべての人に期待される存在であり続けるために、メンバー個人の魅力を今まで以上に引き出し、青年部らしい自由な発想と熱い思いで、メンバーと共に吹田YEGを「人を惹きつける存在」に創り上げていきたいと思います。

平成29年度吹田商工会議所青年部
会長 石橋 直樹

吹田商工会議所 青年部事務局 TEL 06-6330-8001 〒564-0041 吹田市泉町2-17-4

エンジェルタッチ

 

 

facebook

 

YEGリンク

吹田商工会議所

 

エンジェルタッチ

 

日本商工会議所 全国商工会議所 青年部連合会

 

YEGビジネスサイト

 

YEG事業データベース

 

吹田YEG公式フェイスブックページ

PAGETOP
Copyright © 吹田商工会議所青年部 吹田YEG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.